« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月23日 (土)

ソウルバス

多々あって、お休みの時間が最近とっても増えて、自分の時間を最近取り戻しつつある日々。

好きなものに対する我慢ができない性分だからこそ、解き放たれた感じで、本当に「フリー」
そんな時間をもらえることはずっとなかったので、なんだか不思議なふわふわした気分で毎日を過ごしています。

好きな時間は好きなことをするためにあります。

そんなわけで、ずっと、止まっていた、自分の好きなものスクラップブックの作成を最近また再開。
自分が好きだナーと思ったものをひたすら本に貼り付けていって、コメントを書き込んだり、
関連のあると自分が感じるものと一緒に綴じ込んでいったりするという作業。

ただただ貼り付けていくから、それひとつひとつジャンルはばらばら。
ただひとつ、自分がそのときすきだった、ということだけでできあがるスクラップブック。

作りながら、昔のものをぱらぱら整理していたら、2001年の自分の好きなものブックにソウルバスの切り抜きを発見。
その当時は、インターネットも今ほど普及してなくて、使えない人も多かったはず。
だから、必死にいろんな本や雑誌で情報を集めてこのかっこいい切り抜きの作家が誰なのかを調べたり。サガンの「悲しみよこんにちは」の映画を観たり、本をよんだり。
それでももっと知りたくて、古本屋さんや図書館に通ったり。そんなことしてるうちに音楽にも興味をもって、、、
そんなその作家に近づくことをしていたという痕がそのスクラップブックには残ってました。

一秒で調べたいことがぴゅんってでてくるのはそりゃ便利だし。使わない手はないのですが。

こういう遠回りな作業は気持ちに残るし、記憶にも残る。
貼り付けをいいレイアウトにしたりを考えるのもたのし。

試行錯誤、っていいことばだなー。

そんなわけでこの機会にまたやってみましょう。と思います。

にしても久々にみた、ソウルバス!やっぱ好きだしかっこいい。

HPもかっこいいです。
月日がたっても色あせないってほんとすてきだな

つちや

2009年5月14日 (木)

行った事無いけど福井にある復原町並は凄そう。

先日、お風呂につかりながら、天守の分類を思い出しておりました。
天守ってのはお城にある建物で、分かりやすく言うと
「弘前城とか姫路城って言われて思いつく白い何層にもなった建物」
です。
これを明治以降の状況により4っつに分類すると
「現存・復原・復興・模擬」
となります。
因みに国鉄バスは路線の性格毎に
「先行、代行、培養、短絡」
と、これも4っつに分けられます。
誰か知らないけど4っつに分けるのが好きな人がいるんでしょうね。

さて、お城です。
「現存」というのは弘前城とか、姫路城のように昔からあったもので、殆ど残っているのが奇跡のようなものです。歴史も連続していて国の宝といった感じです。

「復原」は一度取り壊されたり、消失したりしたものを建て直したもの。松山城なんかがこれです。最近、城跡に建てられたものはけっこうコレです。文化庁の方針でそうなっています。復原は当時の資料が無いとまず出来ないので、復原成った天守には地元の人の執念を何処となく感じます。

「復興」は、天守はあったんだけどどんなのか分からなかったり、何処にあったのかいまいち分からないけど。。。
といった感じで明治以降、特に戦後多く立てられたもので、大阪城なんかがいい例です。現在の大阪城天守には「昭和の天守閣」という異名もあります。

「模擬」とは読んで字のごとく「模して擬せた」もので、本来天守の無かった城なのに、イメージ重視でつくちゃったものです。富山城とか横手城などがそうです。

何も知らないと騙されそうな模擬天守には気をつけたいですね。


中田

2009年5月 8日 (金)

テレビから龍伝が流れてきた

香夜です。

GWは北海道に帰りました。なぜか動物にツイていた旅。詳しくは私のブログで。

4月30日の夜、実家に着きました。

TVを見ていたら聞き覚えのある歌声。

それはニッセンレンエスコートのCMでした。

右下に小さく「ryuden」と。

なんか凄い!

道内だけだけど、龍伝がTVで流れてる。

帰ってから調べたら、ニッセンレンエスコートのHPでCMが見れます。

http://www.scort.co.jp/color/cm/index.html

ていうことは、世界で流れているんだね。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »