« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月19日 (木)

つれづれ新聞 vol.2 できました。

つれづれ新聞vol.2ができました。

ぱちぱちぱちぱちー。

ずいぶん間が空いてしまいましたね。

今回の作り手は、リレーコラムでお馴染みのつちやさんです。

ありがとうございます。

vol.1は全く毛色が違ってとてもかわいらしいです。

欲しいという方はmonouまで。

090219_001

「好き勝手に新聞を作りたい。」

「文章を書きたい。」

「言いたいことがある!」

「おもしろいことがあった。」

など新聞作りに興味のある方

つれづれ新聞作ってみませんか?

作りたいという方もmonouまで連絡ください。

でわ。

つれづれ団 monou

2009年2月18日 (水)

今までに拾ったもの

考え事をしながら下を向いて歩いている所為か落し物をよく拾うのです。
落ちていると分かっても拾わない事だってあるが、何で落ちているのかわからないのでつい手にとってしまいます。
過去に拾ったものは以下のようなもの。
・2MBのmicroSDカード
 中身を確認したかったが潰された後なので読み取れなかった。
・携帯電話
 まだカメラ付き携帯初期の頃の物。
・撮影が終了したカメラのフィルム
 当然のように現像したところ、老夫婦の旅行風景 が写っていた。
・某化粧品メーカーの人の名札
 落ちる理由が分からない
・ホステスの名刺
 よく落ちているし、あれほど個人情報びっちりな のに何の興味もわかない
・ラブホテルの利用者カード
 拾って初めてさいきんのラブホがカード式だと知 りました。
・郵便貯金のカード
 警察に届けました。
・定期券
 届けたときの警察の反応ったら。
・2回使える青春18きっぷ
 使えるにしたって、予定から考えて使えそうにな いのでどうにも困りました。
・盛岡~三沢の特急券
 券売機がピーピーうるさかったので近寄ると、お 釣りの札と切符が出てました。乗れたのかな?

因みに私は4万円くらい入っている財布を落としたことがあります。
その時は親切な人がいて、自分の元に返ってきましたが、以来、落とさないように財布に、首から下げる紐を付けております。

中田

2009年2月 5日 (木)

ひさしぶりに歯が痛い

香夜です。みなさま今年もよろしくお願いします。

昨年からひきつづき、帯広の話をしようと思ったのですが、

今年は暖冬で、雪かきも2回くらいしかしなかったし、愛犬ロイは老犬となったため散歩の時間も短くなってしまい。

帯広めちゃくちゃ寒いけど毎日晴れてたよってな話がかけないので、違う話題を。

あ、帯広はなんか景気が悪い感じがしませんでした。基幹産業が酪農、農業なので不作とかでないかぎり、影響が少ないのかなあ、それとも北海道の人の気質なんでしょうか。

街の雰囲気は軽く、明るかったんですよね。それが不思議でした。

さて、久しぶりに歯が痛い。

最初は疲れが出て、歯が浮いているのかな?とか思ってたんですが、やっぱり違うんですね、痛いんです。

おととしに治療中だったとき、あまりの咳のひどさに予約を取り消し、それ以来行きそびれていた歯医者。

電話するのも気が重かったけど、痛さにはたまらずにかけました。

今日の夜の予約が取れました。ラッキー。

ああ、でも気が重いなあ。。。。

次回はもっと明るい話題を。

2009年2月 2日 (月)

シネコンにて

おひさしぶりです、つちやです。

二月になりましたねー皆様いかがお過ごしでしょうか。
諸々仕事がてんてこまいで、かなりひさびさになってしまいました。。。

とつぜんですがみなさま、映画館はお好きですか?
さいきんシネコンやらなにやら大きな映画館がたくさんできました。
なーにシネコンなんてーそんなー大きいところでみなくたっていいものはいいのよ。
と思っていました(単純におおきいところがこわいからです)、が!
このたび初シネコンに行ってきました。THEハリウッド、THEディズニーランド。
大きなものにまかれてみるのもいいかも。時には。
迫力がすごいのです。やっぱり、最先端技術はすごいのです。
未来なのね。でもやっぱりなれないなあ。ううむ

見に行った映画は「ウォーリー」。これはほんとよかったです。
キャラクターのかわいさ、ピクサーらしい芸の細かさもさることながら、
ストーリーもほんとになんというかメランコリックというかなんというか。
せつないところもあってでも、可愛くて。そして子供だましではけしてない。
「アニメ」っていってしまうのはもったいない。
ファンタジーってこういうものかも。
せつない恋愛だったり、誰かの死をテーマにしたりとか、
必ず泣ける飛び道具をそろえているわけではないのに、泣けます。
ただ、感動して、泣けるのです。
こういうものをつくってくれた制作者に感謝!
いまの時代の映画をもっとおもしろくしてほしい!
好きでものづくりをしていることが伝わってくる。
すごくすてきです。
みていない方はみてみてくださいね。


つちや

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »