« Taro | トップページ | あのころは単純にそう思っていた »

2008年11月28日 (金)

帯広という街

香夜です。雪も降って、年の終わりが近いんだな。と思うこのごろ。

いつも年末年始は有休を使って実家のある帯広に帰ります。

今回は私の育った町のお話を。

私が育ったのは、北海道の帯広市。小学校1年の3学期から、2000年まで暮らしていました。

西を向くと、日高山脈が、北を見ると大雪山系が広がっています。なので、盛岡みたいに岩手山がぽこん。とあるのが慣れるまで不思議な感じでした。

帯広は日照時間が全国有数らしく「晴ればっかりでごめんなさい」ってキャッチフレーズがあったり、「十勝晴れ」という言葉があるくらい、晴れ。なのです。

十勝という地区名がこの文章の中でよく出てきますが、北海道は14の支庁に分けられ、そのなかの一つが十勝で、十勝の中心部が帯広です。

十勝の人は新しいものが好きで、新規開店、新製品、すぐに飛びつきます。

それを顕著にあらわしているのがコミュニティFMと地ビール。

全国でコミュニティFMが開局しはじめたとき、たった16万人しかいない市で2つも開局。

地ビール会社は3社もできました。(正確にはビールは2社、発泡酒が1社、ビール1社はやめてしまいましたので、現在は2社が元気に営業中)

これは新しいもの好きということと、北海道新聞VS十勝毎日新聞(北海道新聞が道内でトップシェアがとれていない地区のひとつが十勝)という構図も裏にあります。

それと「十勝モンロー主義」という言葉で表現されるように、十勝で全てをまかなうという考えがあります。なんでも十勝でやりましょう。という感じです。

ほかの都市はよくわかりませんが、この岩手のように東京に向いているという感じはありません。北海道だから札幌に向いているというわけでもありません。

どちらかというと、札幌に対抗意識を燃やして、張り合っているという土地柄です。

なにか面白そう、新しいことが大好き。もちろん私も大好き。このごろはやりませんが、秋になるとチョコレートの新製品が出始めると片っ端から買って試食ということもやってました。

冬はとてもとても寒い(マイナス20度近くなりますよ)ですが、家は完全に寒冷地対応なので、兄はTシャツにパンツでアイスを食べるというほど、部屋は暖かいです。

10月末くらいに寒冷地手当てというのが出ます(会社によりますが)。単身者親と同居の私で3万円くらいでましたね。(たぶん家族がいる人は二桁ちかいのかなあ)

それに合わせて帯広のクレジットカード会社2社ががとんでもないセールを開催します。「現金一割払い戻しセール」。どうもこの2社全国でもトップレベルの売り上げらしいです。

「現金一割払い戻しセール」はカードで買い物したら、その1割の金額が現金でもらえるというもの。電化製品など金額が張るものはセール中に買うのが当たり前。定番です。

このセールに合わせて安売りもするので、この時期ばかりは帰りたくなりますね。

さて、長くなりましたので、今回はこの辺で。次回は帯広に帰っているときのお話を。

« Taro | トップページ | あのころは単純にそう思っていた »

リレーエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1101142/24404796

この記事へのトラックバック一覧です: 帯広という街:

« Taro | トップページ | あのころは単純にそう思っていた »