« 他人に話すときに何て呼びますか? | トップページ | つれづれなるアイディア会議@盛岡 報告 »

2008年10月22日 (水)

進化する母

母がパソコンを使うようになって一年になる。
きっかけは、今まで原稿用紙に書いていたものをデータ化したいとか、鉛筆で書くより便利そうとかそんな感じだったと思う。
キーボードもマウスもろくに触った事が無い人だったのに今ではすっかり使いこなしてブラインドタッチとやらを行えるまでに成長した。
だが、最初は大変だった。
大体の機能を教える事になったのは私だが、まず電源の点け方から教えなければならない。それ以上に大事なのは切断の仕方だ。あとフリーズした時の対処方法。
母がパソコンを使いたいと言うときにいつも私がいるわけではないので、これを覚えてもらわないと先に進めるわけには行かない。
とにかく初めと終わりはしっかりとメモ帳に書いて貰った。
文章を書きたいとの事だったので、メモ帳機能を教えておいた。
とりあえずはこれで慣れて貰おうと思ったのだ。
人差し指でキーボードをタッチしていたら、そのじれったさにいずれパソコン熱も冷めるだろうと思っていた。
数日して実家を訪れると机の上に「高齢者からのパソコン入門」とかいう本が置かれていた。
どうやら母は本気らしい。
更に数日経ち母から私の携帯に電話が来た。
「メモ帳が一杯になった」
メモ帳が一杯になるほど何を書いたのか知らないがとりあえず新しいツールが必要なようだと判断した私は
母だけが閲覧・書き込み出来るようにプライベートモードに設定したブログを与えた。
それと同時にフリーメールが使えるようになったので、自分と兄弟のアドレスを教えた。
速攻で母からメールが来た。
だが、内容がどうも攻撃的なので会話と文章は違うと言う事を教えた。
以来、文章がなぜか事務的になった。
それから一ヶ月くらいして母の様子を見に行くと
どうやって見つけたのか分からないが、とあるSNSに入会して見た事もない仲間とのメールのやり取りを楽しんでいた。
母は最終的に何処へ向かっているのだろう。
今のところ問題は無いようだが、私の様にネット上で身内のプライベートな事をさらけ出すような事は避けて欲しい。

中田

« 他人に話すときに何て呼びますか? | トップページ | つれづれなるアイディア会議@盛岡 報告 »

リレーエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1101142/24667157

この記事へのトラックバック一覧です: 進化する母:

« 他人に話すときに何て呼びますか? | トップページ | つれづれなるアイディア会議@盛岡 報告 »